悪玉菌と善玉菌

善玉菌と悪玉菌

 

あちこちで耳にする善玉菌と悪玉菌。

 

善玉菌と悪玉菌は便秘と関係がある菌だということを知っている人は多いでしょう。
しかしこれらの菌がどのように便秘に関係しているか知っていますか?

 

ここで便秘と善玉菌、悪玉菌についてご紹介したいと思います。

 

人間の腸内には100兆個以上の菌が住んでいると言われています。そしてそれらの菌は体に良い菌である善玉菌、体に悪い菌である悪玉菌、そしてどちらでもない日和見菌に分けられます。

 

善玉菌は体内で乳酸を作り、腸内を弱酸性に保ち、食べ物の消化吸収を促がしてくれます。善玉菌が腸内に増えることで腸のぜん動運動が活発になるため便秘になりにくくなります。また、善玉菌の作用により腸管内の浸透圧が高まるため、これも便秘防止につながります。

 

善玉菌として知られているものに乳酸菌があります。乳酸菌は糖を分解して乳酸を作る細菌の総称でビフィズス菌、ヤクルト菌、ラブレ菌などさまざまな種類があります。

 

善玉菌の働きには次のようなものがあります。

 

・ 悪玉菌が増加するのを抑える
・ 食べ物の消化、吸収を促進する
・ 免疫気力を高め、病気への抵抗力をつける
・ 毒素から体を守り食中毒を予防してくれる
・ 腸のぜん動運動を強め、便秘を予防・改善する
・ ビタミンB群の合成をする

 

善玉菌である乳酸菌を腸内で増やすには、乳酸菌が入った食品を直接摂取する方法があります。
よく知られている物にヤクルト、カルピス、ビオフェルミンなどがあります。

 

腸内の善玉菌を増やす他の方法として乳酸菌の栄養素となる食品を摂って善玉菌を増やすという方法があります。
善玉菌の栄養素には食物繊維やオリゴ糖などがあります。

 

一方、悪玉菌は善玉菌と反対の働きをし、便秘をもたらします。
悪玉菌にはウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌などがあります。

 

悪玉菌が増えると腸内がアルカリ性になり食べカスの腐敗が進んだり、細胞の新陳代謝が乱れたり、免疫力が低下したりとさまざまなトラブルを引き起こします。また、悪玉菌が増えると腸のぜん動運動が弱まるため便秘につながります。

 

悪玉菌は次のようなトラブルを引き起こします。

 

・ 免疫力の低下
・ 腸のぜん動運動を弱め便秘をもたらす
・ 肌荒れや口臭、腹痛
・ 腸内環境の乱れ
・ 内臓への負担の増加
・ 発がん物質の生産量の増加

 

このように悪玉菌はさまざまなトラブルを引き起こし、便秘だけでなく下痢、肌荒れをもたらします。また便秘がひどくなると大腸ガンや大腸ポリープなどの病気にもつながっていくため早めに悪玉菌を減らす必要があります。悪玉菌は運動不足やストレス、不規則な食生活などが原因で増加していきます。

 

規則正しい生活、リラックスした生活を心がけて便秘にならない腸内環境を作るようにしましょう。